Close the pop-up×

*ご利用規約が適用されます。

Primary content

湿地の再建

毎年2月2日に開催される世界湿地デーは、植林活動と位置付けられ、湿地やマングローブの保護、復元、保全に全ての人が取り組むように促進する役割があります。 当リゾートの「ネイチャー・グル」が率いて、100本のマングローブと熱帯雨林の木を、当リゾートの敷地内の自然の川とマングローブに沿って植林しました。 リゾートのゲスト、地域社会、および野生生物保護省、中央環境局、林業省からの関係当局が、私たちの湿地再建活動に参加いただき、–湿地が晒されている脅威と、支持が大きい持続可能な取り組みについて議論しました。 この保全措置により、トンボやはカワトンボの個体数を増やし、有機水田を襲う蚊や昆虫に対する自然の害虫駆除の役目を果たします。

湿地の役割
湿地とは、季節的あるいは恒久的に水が浸水している土地です。 都市湿地は、都市の周りやその近郊にあります。 それらには、河川や洪水平野、湖、沼、当リゾートのような海岸湿地帯があり、海水の沼地、マングローブ、サンゴ礁なども含まれます。 これらの湿地は、洪水管理、給水、食糧供給、廃棄物処理、大気質の改善、健康の促進、生計の源として重要な役割を果たします。 都市エリアでは、湿地帯はしばしば荒れ地とされ –ゴミを捨てたり、物を建てたり、別の用途に変換される場所とみなされます。 私たちは、世間一般の考え方の変化や私たちのような活動を通じて、だれもに明るい未来が訪れ、それが長く続くことを期待しています。

 

 

*通貨変換表は参考のためだけに掲載したもので、実際のレートと異なる場合があります。 実際にお支払いにご利用いただけるのは、ご予約の際にお伝えする通貨のみです。